トップページへ戻る
住宅リフォーム 官庁・企業工事 スタッフ紹介 会社概要 お問い合わせ

住宅リフォーム 耐震補強工事

日本木造住宅耐震補強事業者組合(木耐協)組合員
横浜市木造住宅耐震改修促進事業登録事業者

地震への備えは大丈夫ですか?
エスワイシーが加盟する日本木造住宅耐震補強事業者組合(木耐協)にて、無料耐震診断を行っています。
横浜市では耐震改修工事費用の補助金制度があります。当社にてお手続きいたします。

耐震診断・耐震補強の流れ

日本木造住宅耐震補強事業者組合(木耐協)の無料耐震診断※から補強工事までの流れです。
※昭和25年~平成12年5月に着工された2階建以下の木造在来工法の住宅(借家を除く)が対象となります

1.現地調査

耐震診断に先立ち、建物の劣化状況や実際の材料強度、改修工事の有無などを把握するために、実際の建物を目視調査します。

2.耐震診断

耐震技術認定者が現地調査を実施します。
・基礎の種類やひび割れの有無
・建物の形状と壁の配置
・壁材料や筋交いの入り具合
・建物の老朽度

3.診断結果

調査に基づき、耐震診断結果報告書が作成されます。
耐震診断の内容は、必ず一級もしくは二級建築士が確認を行います。

4.補強提案

診断の結果、補強の必要がある場合には、補強設計プランをご提案します。

5.補強工事

補強工事内容には以下のようなものがあります。
・基礎の補強
・壁の補強
・壁の配置(ガラス戸などの開口部を壁に変更します)

 

 

 

 

1.5以上=倒壊しない。1.0~1.5未満=一応倒壊しない。0.7~1.0未満=倒壊する可能性がある。0.7未満=倒壊する可能性が高い。

 

 

ページ先頭に戻る